応急処置 119番のかけ方│住まいの安心生活│暮らしに役立つ情報

  1. 暮らしに役立つ情報
  2. 住まいの安心生活
  3. 応急処置 119番のかけ方
応急処置

<<119番のかけ方>>
●電話のかけ方
 局番なしの119番をかけ、慌てず状況を的確に伝え、指示を受けるようにし、
 以下のことを伝えましょう。

1.「救急です。」と言い、連絡者の氏名電話番号
2.所在(救急車にきてもらう場所)と、目印となるもの。
3.事故の内容
  (いつ、どこで、だれが、どのようにして、どうなったか、現在の容態。患者の性別、年齢など)
4.救急電話をかけるまでの応急手当の内容と、救急車が来るまでにやっておくことの指示を受けましょう。


●救急車が到着するまでに

1.指示された応急手当を、確実に行いましょう。
2.かかり付けの医師に連絡をします。
3.健康保険証の準備。
4.救急電話で連絡した、目印となるものまで救急車の出迎えと誘導を行いましょう。


●救急車が到着したら

1.救急車が到着するまでの患者の容態と、行った応急手当の内容を伝える。
2.患者に持病があるようであれば、その病名を伝える。
3.どうしても、かかり付けの医師や病院に運んでほしいときには、そのことを申し出るようにしましょう(原則としては、自分で病院を選ぶことは出来ません)
4.患者の家族、事故の目撃者が、救急隊員に同行を求められた場合は、従うようにしましょう。

このページのトップへ